50年めの大きな玉ねぎ

日本武道館・京都タワーを設計した 建築家の祖父 『山田守』をめぐる コミックエッセイ

日本武道館・京都タワーを設計した
建築家の祖父『山田守』をめぐる 
コミック・エッセイです

 

タグ:山田守






 
 
山田守 建物探訪②
 Y子不思議な子正方形180180
 東海大学 湘南キャンパス 
(1962年〜)
 
2018年5月 訪問

IMG_4067

キャンパスのシンボル 
1号館

IMG_681B76DBDEF8-1

(「キャンパスの記憶ー湘南キャンパスの歴史」(東海大学学園史資料センター発行)より引用させて頂きました

IMG_4110

敷地の選定から関わったこの広大なキャンパスは
守の最晩年の作です

防火も兼ねたこの噴水は
守が寄贈したものだそうで(通称_山田噴水)

ここに水が高く上がるのを
楽しみにしながら

ついに目にすることができないまま
亡くなったということです


ほぼ同じ場所
1964年8月

IMG_4923
(「湘南キャンパス事始め」同センターHPより引用)
 
先の資料によると

「湘南キャンパス開設当時はまだ、周辺も含めて道路が舗装されていませんでした。
晴れの日には砂ぼこりが舞い上がり雨が降れば長靴がなければ
歩くこともままならない
、劣悪な環境だったのです
学生たちは皮肉をこめて〝湘南砂漠〟と呼んでいました。」

とのこと。


しかし、

50数年経過した今・・・・・・
IMG_3935

IMG_3931

IMG_3919

瑞々しい木陰をつくる
樹々に覆われ
日傘が必要ないほどでした。


IMG_3900
 ↑都電(東京の路面電車)の敷石


1962年当時、自動車の普及と
東京オリンピックのための道路整備で、
都電がいくつか廃止されました

その敷石を
守が交渉し、格安で譲り受け
ぬかるみ対策として敷いたそうです



都電の敷石は
南青山の
自宅にも敷かれています


5u3EJyN%Qd+b2qwJYpo1rA

山田守の建物は
それぞれ
どこか兄弟的な部分があり

繋がりを見つけていく楽しさがあるようです






守の銅像がある3号館に行く途中に


ぬかるみがひどかった時期に
足を洗ったという
洗い場が
残されていました

IMG_3977

このような状態のところを通学されていたので
足洗い場は貴重だったことでしょう

スクリーンショット 2018-07-01 21.41.10
(「湘南キャンパス事始め」同センターHPより引用)


IMG_3886
今は 空気も澄んでいて とても爽やかなキャンパスです



2号館前を過ぎ
3号館へ

IMG_3859

山田守の 胸像が見えてきました


・・・
書き出してみましたら
長くなってきましたので
次回に続きます


東海大学2−2へ→

★★★★★
お知らせ
★★★★★

IMG_5673


新しくできた19号館に建築学科が移転したため
建築学科の入っていた
H棟
解体されることになったのを受け、

解体を惜しむ会

来たる7月19日(木曜)
17時30分より
東海大学湘南キャンパスで
行われることになったそうです


なんでも山田守記念室というのが
置かれている
建築学科のシンボル的存在の建物だったそうです


H棟はこんな感じです
GNuzw2ssStWFGBJIydljjg

dK5%CoJSR0mNCmqrvtbGXA



7oi5c+GqRbGY7QQwPydyzA

IMG_4322
刷毛引きの壁に
ひたすら角が丸められた
低層の建物。

スロープで屋上に行けるのが
遊び心を感じて、味わい深く
いい感じ。





似た形の棟が周囲に点在しているので
解体ショックの
救いが
少しはあるような気もしますが・・・
FsguzAn2R1+NLNK3EHYYfg

最後に祖父が、
私の父を連れて

東海大学の出来上がり具合を見に
車で無理して出かけたそうですが

ここを見るためでも
あったのではないか?

と思うと

なんとも淋しい気持ちになります




山田守記念室って何?


ここで一体どんな授業をしていたのだろう・・・・

色々思いは尽きません


当日はたくさんの興味深いお話が聞けるようです


うーん
行きたいけど・・・・
行けるかな・・・・


(つづく)

 
更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます










少年篇

【漫画⑨】原風景の街 大垣

【漫画11−1】絵画のめざめ


【漫画11−5】絵画のめざめ

などの舞台となっている

旧制大垣中学

について
調べたことを
ご紹介したいと思います

★★★



旧制
大垣中学

現在
『大垣市スイトピアセンター』
という
公共施設が集まっている場所に
あったそうです。
(昭和20年の空襲にて消失)

IMG_9481



IMG_9480

現在も
跡地の碑
建てられています

IMG_9437


校歌が刻まれています


IMG_9442
『百錬へずば 心の剣
光はありとも かひなき光
麋城(びじょう)に学べる 西濃男児』

心の剣は 鍛錬しなければ
光はあっても
役にたたない
という意味でしょうか。

麋城(びじょう)
とは
大垣城の古くからの呼び名。
麋は動物の 鹿という意味。

諸説あるようですが
大きくて立派な城、という
意味合いのようです。

歴史を感じる
呼び名です。 





後の物ですが
三つのによる
濃尾平野
雰囲気を
よくあらわした碑

建っていました。

IMG_9468


漫画にも書いた
川の灯台が
学校近くにあります
IMG_9495

京都タワー

海の無い京都に
灯台を建てる


というコンセプト

構造設計担当の
棚橋先生から出されたそうですが、

守が案として書いた
スケッチ
の中に
四角い塔があるのです。


私は、
灯台といえば
普通
丸い塔を思い描く
のではないかな


不思議に思っていたので、

これを見たとき、

思春期に慣れ親しんだ
この灯台が
イメージとして
出てきたのだろうか?


気になったりしました。



IMG_9511
擬宝珠(玉ねぎ)とのツーショット・・・(笑)


★★

旧制大垣中学は
現在の
岐阜県立 大垣北高等学校

後継校として
資料が引き継がれています


IMG_9587

お訪ねしてみると
このように歓迎してくださいました

(名前のみ加工してます) 
本当にありがとうございました
大垣高校歓迎写真


守が通った校舎の写真
見せていただきました

IMG_9548

周りには何もなく、
見渡すかぎり田んぼだったそうです

旧大垣中学跡地周辺に残った
田んぼ

IMG_9415
このような風景が360度広がっていた中で
13歳から18歳まで
過ごしていたということですね

(ホテルから 旧大垣中学の跡地を見たところ
現在市街地となっている部分のほとんどが
田園だったようです)

IMG_9542



11話−1 絵画のめざめ
でも触れている
皇太子殿下の行啓

スーパースターを迎えたかの
熱狂ぶりだったそうですが

記念碑が
今でも残っていました


IMG_9561 2
ちなみに
この碑を建てた記念の式典で
11話−5
で使った
守の絵
賞をもらったようです


IMG_9528
先ほどの
旧中学跡地の植栽と
比べて見ると
面影がある気がします

IMG_9453



ところで
漫画によく登場している
お友達は

IMG_5043

中西有三さんと言って
実在の人物です

IMG_5025 3
(「建築家 山田守」(向井覺著)より引用)

学校有数の
絵の描き手と噂されていたそうで、
とても優秀な人だったそう。

5年の時
守と一緒に賞を取っている記述もありました

IMG_5029 2
そんな優秀な中西さんを
守祖父はいつもからかって
頭を長くした絵を描き、
「頭長(とうちょう?)」
という
失礼なあだ名で呼んでいたとか。

IMG_5045
そんな二人は
お互い出世して
のちに
ロンドンで
再会します。

そのとき
酔っ払って
守が書いた
中西さん頭の似顔絵は、
祖父が建物によく使う
パラボラアーチ
だったそうです
IMG_5048 2

失礼しちゃいますね!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


(≧▽≦)



守の絵が
夏休み明けに
急激に上達して

同級生が

驚いている小文

見つかったのですが、

著作権の関係などで
ネットに上げることは
難しいようです

できれば
このシリーズ、
いつか書籍にまとめられたら
許諾を頂いて
ご紹介できたら
幸いです

(書籍化については未定です
もし
ご興味持っていただける方いらっしゃいましたら
お気軽にどうぞご連絡くださいませ)





大垣北高校の
皆さまには
大変
お世話になりました


厚く御礼申し上げます





これを書いている間にも
どんどん時間が過ぎてしまい・・・

次週日曜までに
漫画が間に合うか
わかりませんが、
なるべくがんばりますね

では
次の更新につづきます!



更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます

 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます











熊本レポ6−1−1熊本レポ6−1−2熊本レポ6−1−3
熊本レポ6−1−4

熊本レポ6−2−1
熊本レポ6−2−2

熊本レポ6−2−3
熊本レポ6−2−42




熊本レポ6−3−1
熊本レポ6−3−2
熊本レポ6−3−3熊本レポ6−3−4
熊本レポ6−4−1熊本レポ6−4−2







イベントって
準備に
とっても
手間と時間が
かかっているのに、


開催日が
過ぎてしまえば

消滅してしまう



それが
はかなく

勿体無く、



また

気づきが
とても
大きかった
イベントだったので

本篇の途中でしたが

長々描いて
みました。




私に
似顔絵ならぬ
似てない顔絵
登場させられて
しまった方々

お許しください!


特に会の間、
学生代表の
k城さんには
きめ細かくサポートして頂き
本当に助かりました
ヽ(;▽;)

お世話になり
ありがとうございました
m(_ _)m




花畑町別館は

守建物には珍しい

茶色

ですが、

どうやらそれは


【熊本城🏯
の見映えを
引き立てる

近代建築とは?】


という問いへ

守が
1930年代に
出した

ひとつの答え
だったようです。


(守建物を
追っていくと、

作品の流れの中で
突然

今までやらなかった
外観デザイン
取り入れた?

と驚く
建物が
現れることが
あるのですが、


それは

その場所
特有
周囲との兼ね合い
考慮して

ガラッと変えているように
見えるのでした。

(野田郷土博物館が
典型的に
それを感じますが、

このことは
いずれ
また
全体を俯瞰して
描いてみたい
テーマです)


そして
今回
どうしても
描いておきたかったのは

熊本にとっての
初期の
近代建築であった

花畑町別館が
採用した
色が

リレーのバトンのように

今も
熊本の
街の建物に
引き継がれている

という
事実
知ったことでした。



それは
熊本城という
はっきりした
景観のシンボルを
持つ
街が


世代を
超えて

街の美しさを
引き継ぎつづける

という意識の高さ

強制されることなしに

自然に持つことが
できていた

ということの
あらわれ
であるように
思いました。


守建築を
見ていくと

守は
建物を 

単体でなく

その建物が
建ったとき
周囲からどう見えるか、

ということを
いつも意識していた
様子なのですが、


(↑
何度も言いますが、 
私は
これは
広大な
濃尾平野の真ん中で
育った影響だと思っています)


建物が
景観に与える印象を
誰よりも
考えていた

街のために選んだ
色が

80年後も

バトンのように
引き継がれていることを

普段
熊本に縁のない
孫として

知ることができたのは

とても不思議な体験でした。



また、
東海大学の
創立者

松前重義
の郷里が
熊本だと知り、
不思議なご縁を感じました

(山田守 は
松前氏と一緒に
東海大学を立ち上げ、
その縁で
東海大学の初期の建物を
ほとんど無償で
設計したそうです)





守の人生を
追っていくと、

景観に貢献する
建物
常に考えていたし、

また、実際
貢献している
実績?
も沢山あり

これも
その
ひとつと言えると
思うのですが、


晩年の
京都タワーの
景観論争の
印象が

一部に残り

景観破壊な建築家?
みたいに
揶揄されることも
あったのは

本当に皮肉なことだな、

と思います。


しかし、
祖父は
景観論争で
色々批判されても

はっきりした
信念もあったためか

ぜんぜん
しょげる様子はなく

ひょうひょうとして
まだまだ造りたい山程の
建物へのアイデアに
邁進していた
そうです。



孫としましても

建物のことは
ドラマになりにくい、

と言われている
にもかかわらず、

山田守をめぐる
建物のドラマ

バッシングなど
負の状況に陥った
あたりも含め、

面白く感じられ、
( ´∀`) 


まだまだ
追いかけたい
ところです





次の更新に続きます 

山田守建物探訪① 門司レトロ舘へ→




今回お世話になった田中智之先生近著です
駅ではなく緑が中心にあり、
古い町家から近代現代の建物まで
城下町をベースに色々な建物が共存している
熊本の建築の多彩さを知る
 
最適な一冊です
↓ 




ぜひご覧ください! 



















 


更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます









熊本レポ5−1 
熊本レポ5−2
熊本レポ5−3
熊本レポ5−4
熊本レポ5−2−1

熊本レポ5−2−2
熊本レポ5−2−3
熊本レポ5−2−4



①〜④話までは
イベントが
どのようなものだったか
レポート
してきましたが

今回の⑤話


次回
最終回の⑥話
では

イベントを通して
心に残ったこと
少し
描いてみたいと
思います。





何かが無くなる
ということ。


誰かがいなくなる
ということ。



それは、

そこに
当たり前のように
あったものの

はかなさ


見せつけられる
ことであり、


また

なくなったものとの
関係が
深いほど、

当たり前に
生きている
自分自身

同じく
はかない存在
だと

思い知らされる
こと
であったように
思います。






形あるものは

いずれ
なくなる。


だから
執着しないように
した方が
いいのでは。


私は
なんとなく

色々な
事・物に対して

そんな風に
思っていたような
気がします。




なくなった時に
ショックを受けないように…


いなくなった時
淋しくならないように…

……





しかし、

いざ

何ものかが
永遠に
失われてみると、


そのものの
持っていた良さが

二度と戻らないこと
喪失感
強く迫ってきて、


もっともっと

その良さを
自覚して、

いつでも思い出せる
くらい

しっかり関わって
いくべきだった

と思われて
しかたなかったのでした




さらに、

執着しない、
などと
うそぶいていたのは

単なる

面倒くささや
おっくうさ
への

言い訳でしかなかった
ことに気がつき、


自分自身の
時の過ごし方に

ひどく
腹が立ってくるの
でした




ただ 、

時が経つにつれ、

なくなったもの
への
喪失感は


自分にとって

与えてもらっていた
ものの
大きさと

比例している


ことに
気づいてきたりも
したのでした。






なくなったものが
教えてくれること。


それは、

生きている
この時間に

何を
与えられているかを


振り返れ。


そんな
メッセージ
であったように
思いました 。






もともと
この漫画を描きはじめたのも


父が亡くなったことが
きっかけで、



調べたり
描いたり
しなければ

このまま忘れられ、
分からなくなってしまう
人々の思い

気がついたから
なのでした。





日々の生活の中で

生活と関係ないことを

調べたり
描いたり
することは

実はかなり
大変な
作業なのですが、


いなくなった人々が
見せつけてくれた

一生の短さ、

人生のはかなさ




その
面倒なことに
取り組む
力を与えてくれる

ものの
ようにも
思われてくるのでした。






なくなった建物を
追う
イベントを通して
そんなことを考えて
いたので

今回は
そんな話を
描いてみました


m(_ _)m




次の更新につづきます



次回で
熊本レポは終わりです


なくなったとばかり
思っていた
祖父の建築が
熊本に
残したもの
とは?


GW最終の日曜日に
更新予定です
















 


更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます








↑このページのトップヘ