50年めの大きな玉ねぎ

日本武道館・京都タワーを設計した 建築家の祖父 『山田守』をめぐる コミックエッセイ

日本武道館・京都タワーを設計した
建築家の祖父『山田守』をめぐる 
コミック・エッセイです

 

タグ:山田守孫


続きです

東海大学湘南キャンパス

2号館前を通り、

螺旋スロープが
ぐるぐると印象的な

3号館へ向かいます

IMG_3886

3号館を背に、

山田守の胸像
建っています。

IMG_5360

東海大学は、

戦前

政治・経済・法律
を学んだ人々に比べ
待遇が
低かった
理系技術者
の地位を

改善しようとした
技術者運
リーダー的存在であった
松前重義
が、

政府や財界から
お金を貰わないで、

技術者が独自で
技術者の学校を作ろうとした
のが

建学の始め
だった
そうです。

※参照:「東海大学建学の記」松前重義著

松前文庫No.24 記事
「戦前の技術者運動と山田守氏と建築と」
片山隆三




山田守は

逓信省(NTT・日本郵政の前身)
同僚となった
松前氏の考えに
共感し、


東海大学関連の
ほとんどの建物

設計料を取らず
設計し、


黎明期の大学に
鉄筋コンクリート造の
斬新なデザインの校舎を
建てることで

入学者の増加に貢献したり、


自らも教鞭を執り
後進の育成にも
努めたということです。




IMG_3835
像の後には
像建立協力者の名前が
沢山刻まれています。


東海大学の建学に
尽くしたとはいえ、

守もまた、
このような広大な敷地に
自分の思いを
反映させることができる
仕事を頂き、

建築家冥利につきる
晩年だったのではないでしょうか。




IMG_3824

IMG_3766
ところで

この像は、

長崎

日本二十六聖人記念碑
IMG_5826
(Wikipediaより引用)
有名な
彫刻界の大家、

舟越保武先生によるものです。
(背後に舟、とサインがあります)


舟越氏は
まだ若かりし時期
友人の紹介で
東海大学で山田守と出会い、
採用され、

建築学科で
デッサンを教えるようになったそうです。



守は

白樺などを通じ
当時の美術界にも
親しんでおり、

ロダンにも
強い
シンパシーを感じていた
そうです。

一方
舟越先生
かつてベストセラーとなった
高村光太郎訳の
ロダンの言葉」
を読み
彫刻をほとんど見たことがないのに
彫刻家になる意思を固めた

という逸話の持ち主なので
(※「巨岩と花びら」舟越保武)

二人はさぞ
ロダンの
芸術論で
話に花を咲かせたのでは
なかったでしょうか。


(ちなみに東海大学にある
別のモニュメント
星を仰ぐ青年の像
舟越氏によるもので、
こちらは長崎の二十六聖人像の
秀作とも位置づけられ、
同じ顔が聖人の一人に
採用されているそうです)






さて、私には
胸像について、
ひとつ疑問がありました。


私が聞いたり、
資料を読んだりして
掴んだ

山田守
という人物像は、

とにかく功名心の無い人で、

死後

自分が
胸像になり、
飾られる
などということは

むしろ
喜ばない
タイプの人間だったのでは?
ということです


IMG_3807

しかし、


舟越先生は
回想の中で、

山田守は

彫刻についても
鋭い批評力を
持っていた
と語っており、


温顔の下に秘められた
厳しい力と気品を
どう表現するかが
課題だった

語っていらっしゃいました。


  
それを知り、

また、

山田守の一生を
調べ、

力ある後輩に
仕事や経験の機会を
どんどん与えていたらしい
姿を
知った今、



改めて
胸像と

対峙して
見てみると…



芸術を愛し、

奮闘する同士への
エールを欠かさなかった
守自身が

惚れ込んだ才能である
舟越先生の
作品として、

自分の姿を提供したことに、


大きな誇りを
感じている
ように
見えてきた

でした







(つづく)



⭐️お知らせ⭐️


IMG_5830
でお世話になった
熊本ビル部さんの
熊本の建築の魅力を伝える
展示会が

くまもと森都心プラザ図書館
7月8日(日)〜31日(火)まで
開催中されています


Y子の熊本レポも
ページに落としたものを
展示させて頂くことになりました
IMG_5831
私の漫画はブログと同じなので
アレですが、

熊本ビル部さんの
女性目線の
親しみやすい展示で、

熊本が

いかに
熊本城を中心とした

豊かな建築群に
恵まれた場所か

より沢山の方々に
周知されたら
幸いです!

近郊の方々、ぜひ
会期中
お立ち寄り下さい!
(o^^o)



東海大学湘南キャンパス
H棟解体を惜しむ会  7月19日(木)
懇親会のみ予約要
IMG_5672

山田守  

旧千住郵便局電話事務室
(1929)
docomomo japanに
認定されたそうです
🎉
ありがとうございます


 
更新のお知らせは Twitter にて   

 (更新通知ほか、活動を詳しく呟いています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #50年めの大きな玉ねぎ   )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます









少年篇

【漫画⑨】原風景の街 大垣

【漫画11−1】絵画のめざめ


【漫画11−5】絵画のめざめ

などの舞台となっている

旧制大垣中学

について
調べたことを
ご紹介したいと思います

★★★



旧制
大垣中学

現在
『大垣市スイトピアセンター』
という
公共施設が集まっている場所に
あったそうです。
(昭和20年の空襲にて消失)

IMG_9481



IMG_9480

現在も
跡地の碑
建てられています

IMG_9437


校歌が刻まれています


IMG_9442
『百錬へずば 心の剣
光はありとも かひなき光
麋城(びじょう)に学べる 西濃男児』

心の剣は 鍛錬しなければ
光はあっても
役にたたない
という意味でしょうか。

麋城(びじょう)
とは
大垣城の古くからの呼び名。
麋は動物の 鹿という意味。

諸説あるようですが
大きくて立派な城、という
意味合いのようです。

歴史を感じる
呼び名です。 





後の物ですが
三つのによる
濃尾平野
雰囲気を
よくあらわした碑

建っていました。

IMG_9468


漫画にも書いた
川の灯台が
学校近くにあります
IMG_9495

京都タワー

海の無い京都に
灯台を建てる


というコンセプト

構造設計担当の
棚橋先生から出されたそうですが、

守が案として書いた
スケッチ
の中に
四角い塔があるのです。


私は、
灯台といえば
普通
丸い塔を思い描く
のではないかな


不思議に思っていたので、

これを見たとき、

思春期に慣れ親しんだ
この灯台が
イメージとして
出てきたのだろうか?


気になったりしました。



IMG_9511
擬宝珠(玉ねぎ)とのツーショット・・・(笑)


★★

旧制大垣中学は
現在の
岐阜県立 大垣北高等学校

後継校として
資料が引き継がれています


IMG_9587

お訪ねしてみると
このように歓迎してくださいました

(名前のみ加工してます) 
本当にありがとうございました
大垣高校歓迎写真


守が通った校舎の写真
見せていただきました

IMG_9548

周りには何もなく、
見渡すかぎり田んぼだったそうです

旧大垣中学跡地周辺に残った
田んぼ

IMG_9415
このような風景が360度広がっていた中で
13歳から18歳まで
過ごしていたということですね

(ホテルから 旧大垣中学の跡地を見たところ
現在市街地となっている部分のほとんどが
田園だったようです)

IMG_9542



11話−1 絵画のめざめ
でも触れている
皇太子殿下の行啓

スーパースターを迎えたかの
熱狂ぶりだったそうですが

記念碑が
今でも残っていました


IMG_9561 2
ちなみに
この碑を建てた記念の式典で
11話−5
で使った
守の絵
賞をもらったようです


IMG_9528
先ほどの
旧中学跡地の植栽と
比べて見ると
面影がある気がします

IMG_9453



ところで
漫画によく登場している
お友達は

IMG_5043

中西有三さんと言って
実在の人物です

IMG_5025 3
(「建築家 山田守」(向井覺著)より引用)

学校有数の
絵の描き手と噂されていたそうで、
とても優秀な人だったそう。

5年の時
守と一緒に賞を取っている記述もありました

IMG_5029 2
そんな優秀な中西さんを
守祖父はいつもからかって
頭を長くした絵を描き、
「頭長(とうちょう?)」
という
失礼なあだ名で呼んでいたとか。

IMG_5045
そんな二人は
お互い出世して
のちに
ロンドンで
再会します。

そのとき
酔っ払って
守が書いた
中西さん頭の似顔絵は、
祖父が建物によく使う
パラボラアーチ
だったそうです
IMG_5048 2

失礼しちゃいますね!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


(≧▽≦)



守の絵が
夏休み明けに
急激に上達して

同級生が

驚いている小文

見つかったのですが、

著作権の関係などで
ネットに上げることは
難しいようです

できれば
このシリーズ、
いつか書籍にまとめられたら
許諾を頂いて
ご紹介できたら
幸いです

(書籍化については未定です
もし
ご興味持っていただける方いらっしゃいましたら
お気軽にどうぞご連絡くださいませ)





大垣北高校の
皆さまには
大変
お世話になりました


厚く御礼申し上げます





これを書いている間にも
どんどん時間が過ぎてしまい・・・

次週日曜までに
漫画が間に合うか
わかりませんが、
なるべくがんばりますね

では
次の更新につづきます!



更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます

 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます











熊本レポ5−1 
熊本レポ5−2
熊本レポ5−3
熊本レポ5−4
熊本レポ5−2−1

熊本レポ5−2−2
熊本レポ5−2−3
熊本レポ5−2−4



①〜④話までは
イベントが
どのようなものだったか
レポート
してきましたが

今回の⑤話


次回
最終回の⑥話
では

イベントを通して
心に残ったこと
少し
描いてみたいと
思います。





何かが無くなる
ということ。


誰かがいなくなる
ということ。



それは、

そこに
当たり前のように
あったものの

はかなさ


見せつけられる
ことであり、


また

なくなったものとの
関係が
深いほど、

当たり前に
生きている
自分自身

同じく
はかない存在
だと

思い知らされる
こと
であったように
思います。






形あるものは

いずれ
なくなる。


だから
執着しないように
した方が
いいのでは。


私は
なんとなく

色々な
事・物に対して

そんな風に
思っていたような
気がします。




なくなった時に
ショックを受けないように…


いなくなった時
淋しくならないように…

……





しかし、

いざ

何ものかが
永遠に
失われてみると、


そのものの
持っていた良さが

二度と戻らないこと
喪失感
強く迫ってきて、


もっともっと

その良さを
自覚して、

いつでも思い出せる
くらい

しっかり関わって
いくべきだった

と思われて
しかたなかったのでした




さらに、

執着しない、
などと
うそぶいていたのは

単なる

面倒くささや
おっくうさ
への

言い訳でしかなかった
ことに気がつき、


自分自身の
時の過ごし方に

ひどく
腹が立ってくるの
でした




ただ 、

時が経つにつれ、

なくなったもの
への
喪失感は


自分にとって

与えてもらっていた
ものの
大きさと

比例している


ことに
気づいてきたりも
したのでした。






なくなったものが
教えてくれること。


それは、

生きている
この時間に

何を
与えられているかを


振り返れ。


そんな
メッセージ
であったように
思いました 。






もともと
この漫画を描きはじめたのも


父が亡くなったことが
きっかけで、



調べたり
描いたり
しなければ

このまま忘れられ、
分からなくなってしまう
人々の思い

気がついたから
なのでした。





日々の生活の中で

生活と関係ないことを

調べたり
描いたり
することは

実はかなり
大変な
作業なのですが、


いなくなった人々が
見せつけてくれた

一生の短さ、

人生のはかなさ




その
面倒なことに
取り組む
力を与えてくれる

ものの
ようにも
思われてくるのでした。






なくなった建物を
追う
イベントを通して
そんなことを考えて
いたので

今回は
そんな話を
描いてみました


m(_ _)m




次の更新につづきます



次回で
熊本レポは終わりです


なくなったとばかり
思っていた
祖父の建築が
熊本に
残したもの
とは?


GW最終の日曜日に
更新予定です
















 


更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます








会の雰囲気が
少しでも伝わるように
まとめてみましたが 
いかがでしたでしょうか・・・



私としましては

花畑町別館を
自分の目で見ていないまま
お話をするのが
正直
大変だったのですが、

そんな状態を
助けていただいたのは

先の記事でも触れましたように

熊本に残る建物の良さ
発信している

【熊本ビル部】
さんの
 リーフレットの数々でした。

IMG_2043

ビル部さんは
女性が一人で
活動されているそうなのですが、

ご自身の愛着がある
熊本の近代建築を
リーフレットにまとめられ、


IMG_2049

 
写真と
一部イラストで
 
このように
建物の見どころを解説されています。

(こちらは当日会場でも配られたものを
許可をいただき掲載しています) 


これが
とてもわかりやすく、

そのおかげで

花畑町別館がどんな建物だったか
把握することができ、

また、

私が幼いころから
出入りしていた

祖父の家との
類似点

なども

みつけることができたと思います。



たとえば

花畑町別館の
光あふれる螺旋階段
と↓
IMG_2045
 

山田守自宅のエントランス


らせん階段の

相違点を
比較できたり
↓ 

IMG_2052


熊本ビル部さんのこちら↓では
手すりや建物の角も
丸くしてある

との
記述がありますが 
IMG_2046



山田守の自宅では
家の
角という角が
丸くされていて


それが何ともいえない
愛嬌がある様子?

なのを
紹介できたり。
↓ 

IMG_2054



また、
花畑町別館でも

冷房機器のない時代の

空調への工夫が
紹介されていますが




IMG_2051



祖父の家

コンクリート建物なのに
風通しがよく
心地よかったのですが、

その
窓の工夫と
通じるところが
あるのを知ることができました





IMG_2053


熊本ビル部さんは
建築の専門ではない
女性の方が

一人で活動されていて、

その
目線にも
とても共感を覚えました。

こんな風に、
ふつうの生活にある
建物のおもしろさ


発信していきたいし


また
そういうつながりを
増やしていけたら
楽しいな



思いました。


熊本ビル部さん

お世話になり
本当にありがとうございました



また、当日

山田守研究者の

大宮司勝弘先生
市民による近代建築保存運動の記録

という
論文を
いただきました

IMG_2044


けんちく寿プロジェクトさん

熊本ビル部さんのことも
触れられているのですが

こちらのリンク
から

ウェブ上でも読むことが
できるようです


保存活動の方々の
努力を知ることができる
貴重なお話です

興味のある方は
ぜひ
ご一読ください




さて
長くなりましたので・・・

漫画の内容には
あえて触れないで
おきます
( ・∇・)


今回
試みに
この記事のみ
コメント欄
下部に
もうけてみました
(スマホは設置ずみ)
(PCにうまく表示されない可能性があります)


当日
アンケートなどもなかったので

直接お話できた方からしか
感想がお聞きできず
心残りでした


当日いらっしゃった方、

また
この記事を読まれた方

よかったらどうぞ
感想などを

コメントいただけたら
幸いです


(承認制となりますが、ご了承ください)





さて、

4話まですすめてきた
熊本レポですが、


実はこのあと
Y子の
雑感を
エッセイ風に2話
書く予定で
進行していたのですが、


正直ちょっとまとまらず、

アップするか
お倉入りにするか
悩み中です・・・



ですので
次の更新は
どうなるか未定ですが

なるべく毎週日曜には
何か
入れておこうと思っています



では次の更新につづきます




いつもご愛読ありがとうございます!





 


更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます









↑このページのトップヘ