50年めの大きな玉ねぎ

日本武道館・京都タワーを設計した 建築家の祖父 『山田守』をめぐる コミックエッセイ

日本武道館・京都タワーを設計した
建築家の祖父『山田守』をめぐる 
コミック・エッセイです

 

タグ:山田守


Y子不思議な子正方形180180
日本武道館京都タワー
同じ設計者によるのものだと
いうことは
あまり
知られていません


謎の多い建築家
山田守(やまだ・まもる)

孫の立場から調べ
漫画にして語っています

IMG_2064
東海大学 代々木校舎


●当サイト初訪問の方へ

はじめにご覧の上、
少年篇から
読み進むと
守の人生を追うことができます




目次

【プロローグ】
(漫画を描いたきっかけ)

★★人気 守イラスト年表 







番外編

【解体された山田守建築をめぐって〜
熊本レポート
(6話完結)

IMG_0493
熊本市役所花畑町別館

熊本レポ①

★★★人気記事熊本レポ②

熊本レポ③

熊本レポ④

熊本レポ⑤

★★★人気記事熊本レポ⑥




【山田守建物探訪

門司電気通信レトロ館


New!②-2東海大学湘南キャンパス
山田守胸像について

IMG_1563

門司t電気通信レトロ館


【50年めの大きな玉ねぎメイキング

岐阜県大垣 取材のようす

山田守自邸庭の眺め

⭐︎Y田Y子 プロフィール⭐︎
連絡先はこちら
各種ご依頼も
承っております
 



金沢篇の準備にしばらく
お時間いただきます

その間
山田守関連の記事を入れていきますね。

今週は山田守建物探訪② −1東海大学湘南キャンパスです
Y子不思議な子正方形180180

 
 
山田守 建物探訪②

東海大学 湘南キャンパス 
(1962年〜)
 
2018年5月 訪問

IMG_4067

キャンパスのシンボル 
1号館

IMG_681B76DBDEF8-1

(「キャンパスの記憶ー湘南キャンパスの歴史」(東海大学学園史資料センター発行)より引用させて頂きました

IMG_4110

敷地の選定から関わったこの広大なキャンパスは
守の最晩年の作です

防火も兼ねたこの噴水は
守が寄贈したものだそうで(通称_山田噴水)

ここに水が高く上がるのを
楽しみにしながら

ついに目にすることができないまま
亡くなったということです


ほぼ同じ場所
1964年8月

IMG_4923
(「湘南キャンパス事始め」同センターHPより引用)
 
先の資料によると

「湘南キャンパス開設当時はまだ、周辺も含めて道路が舗装されていませんでした。
晴れの日には砂ぼこりが舞い上がり雨が降れば長靴がなければ
歩くこともままならない
、劣悪な環境だったのです
学生たちは皮肉をこめて〝湘南砂漠〟と呼んでいました。」

とのこと。


しかし、

50数年経過した今・・・・・・
IMG_3935

IMG_3931

IMG_3919

瑞々しい木陰をつくる
樹々に覆われ
日傘が必要ないほどでした。


IMG_3900
 ↑都電(東京の路面電車)の敷石


1962年当時、自動車の普及と
東京オリンピックのための道路整備で、
都電がいくつか廃止されました

その敷石を
守が交渉し、格安で譲り受け
ぬかるみ対策として敷いたそうです



都電の敷石は
南青山の
自宅にも敷かれています


5u3EJyN%Qd+b2qwJYpo1rA

山田守の建物は
それぞれ
どこか兄弟的な部分があり

繋がりを見つけていく楽しさがあるようです






守の銅像がある3号館に行く途中に


ぬかるみがひどかった時期に
足を洗ったという
洗い場が
残されていました

IMG_3977

このような状態のところを通学されていたので
足洗い場は貴重だったことでしょう

スクリーンショット 2018-07-01 21.41.10
(「湘南キャンパス事始め」同センターHPより引用)


IMG_3886
今は 空気も澄んでいて とても爽やかなキャンパスです



2号館前を過ぎ
3号館へ

IMG_3859

山田守の 胸像が見えてきました


・・・
書き出してみましたら
長くなってきましたので
次回に続きます




★★★★★
お知らせ
★★★★★

IMG_5673


新しくできた19号館に建築学科が移転したため
建築学科の入っていた
H棟
解体されることになったのを受け、

解体を惜しむ会

来たる7月19日(木曜)
17時30分より
東海大学湘南キャンパスで
行われることになったそうです


なんでも山田守記念室というのが
置かれている
建築学科のシンボル的存在の建物だったそうです


H棟はこんな感じです
GNuzw2ssStWFGBJIydljjg

dK5%CoJSR0mNCmqrvtbGXA



7oi5c+GqRbGY7QQwPydyzA

IMG_4322
刷毛引きの壁に
ひたすら角が丸められた
低層の建物。

スロープで屋上に行けるのが
遊び心を感じて、味わい深く
いい感じ。





似た形の棟が周囲に点在しているので
解体ショックの
救いが
少しはあるような気もしますが・・・
FsguzAn2R1+NLNK3EHYYfg

最後に祖父が、
私の父を連れて

東海大学の出来上がり具合を見に
車で無理して出かけたそうですが

ここを見るためでも
あったのではないか?

と思うと

なんとも淋しい気持ちになります




山田守記念室って何?


ここで一体どんな授業をしていたのだろう・・・・

色々思いは尽きません


当日はたくさんの興味深いお話が聞けるようです


うーん
行きたいけど・・・・
行けるかな・・・・


(つづく)

 
更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます










【少年篇】
(岐阜での生育歴)
最終回です
山田12-5−4
山田12-6−1身内が?
山田12-6−2アキとやら
山田12-6−3建築に来るといい
山田12-6−4図画の時間があって
山田12-7−1内田
山田12-7−2お前なら強

山田12-7−3都合のいい学問
山田12-7−4西洋どんな
山田12-8−1まてよブログ
山田12-8−2高校では
山田12-8−3お疲れ様
山田12-8−4岐阜最後



時間がかかってしまいましたが、

山田守が

建築の道に進んだ流れ


親族から聞いた話

資料に残された
人々の経歴など
を結びつけ、

推察し、

このように描いてみました。
(事実を元にしたフィクションということで
よろしくお願いいたしますm(_ _)m)



守の高校時代の親友
新田氏
によると、


守は
中学・高校
熱中して
絵を
描いていたが、

とくに建築の準備として
描いていたわけではなかった。


進学を決める際、

建築の予備知識があった
訳ではないのに、

悩まず建築学科を
志望した。


理由

兄・静が通っていたから。

とだけ語った。

当時の様子を
伝えてくれています




守が生まれる3年前におきた

濃尾大地震により

西濃地域にも導入されはじめていた
レンガ造の
建物は
壊滅しており、


ちょうど
レンガの耐震補強、
あるいは
鉄筋コンクリートへ移行する
模索期にあたっていた
当時、

木造以外の
新しい建物は
建っておらず、

生活圏で
憧れに値する
最先端の
西洋建築物を
見ることはできなかった
ようです。



また

当時愛読していた
雑誌などでも、

ようやく
絵画が
紹介され始めたくらいで、

守に
西洋建築の魅力を
気づかせるものが

読めていたとも
思えません。



それらのことから、

西洋建築物をつくる
進路を
示せたのは

この静の存在しか
なかった

言ってよいのではないかと
思われるのです。




守より
13年も早くに、

創成期ゆえ
実態が分かりにくかった
建築学科に
入り、

色々な経験をした

静の
導きがなければ


山田守が

日本のモダニズム建築の
パイオニア

言っていただける
位置
つけることは
なかったかもしれません


そんな、
多大な影響を
与えてくれた
について

守は多くを
語り残しておりません。


理由は、
やはり

当時は
スキャンダラスな目で
見られた

芸者さんと一緒になった
顛末を、


無理言って嫁に来てもらった
資産家出身の

祖母に

あえて
話したく
なかったのかも
しれません。



しかし、
この当時の
恋愛結婚は

単なる
痴話話
という訳ではなく、

自分の自由を
叶える

自己実現の
象徴
としての
意味も
強かったようです。

(見合いをせずに
嫁をもらった。
武勇伝のように語る人も
多かったとか。)


これは
あくまで
私の推測ですが、

この後、
比較的
若くして亡くなる
静は、

自分は

自己実現の
エネルギーを
恋愛結婚で
使い果した
感じがあり、


その頃活躍を始めた

親友の
渡辺節さんの
様子などから、

これからの
建築界の盛り上がりを

予感することが出来、


建築界で
自己実現して
活躍する
希望については

絵画に熱中していた
弟に託した
部分があった、

解釈するのは
飛躍が過ぎるでしょうか?




この後

高等学校を
卒業し、

無事
東大建築学科に
受かった
山田守は

静の紹介で、

静の同期で
既に
東大建築学科の
教授になっていた

内田祥三氏に

東京の保証人になって
もらいます。

それ以降、

建築面はもちろん、

ある悩み(笑)
まで相談するなど、

多大なるお世話に
なることになります。



IMG_5607
内田祥三先生


鉄筋コンクリートの研究や

木造モルタルによる防火など、
防災に関して尽力され、
日本の建築界に
大きく貢献した
巨匠。

元東大総長。


学生闘争の舞台となった

東大安田講堂
をはじめ

IMG_5630


今も
東大には

内田ゴシックと呼ばれる

内田祥三先生の設計による
美しい建築物が
多く
残されています。


そんな
美しい建物を遺した
内田先生でも、


当時
絵画的な要素が
濃かったという
東大建築学科の授業に対し、


絵をほとんど描いたことがないまま
入学してしまい

面食らい


学校をやめようかと
悩むほどだったという

エピソードが

残されています。


【岐阜編の最後に…】

ちょっと早出しですが、

山田守と寿は

内田祥三先生ご夫妻に
仲人
をしていただきました。

内田先生 結婚写真 名前入り



そして、
残念ながら
この式に
静兄は
出席していません。


なぜなら
守が結婚する
数年前に
亡くなったからです。


守が着ている
タキシードは

静兄が

アきさんと
結婚した時に

あつらえたもの 
だということです
















参考  

日本近代建築家列伝

レポート濃尾地震の影響

建築家 岩本禄


内田先生肖像と
安田講堂の写真は
Wikipediaより引用




少年篇(岐阜篇)は
これでおしまいです
m(_ _)m


次回から
いよいよ
青春篇!

いざ初恋金沢へ!

少しキャラ設定など
準備の時間取りますが、

頑張りますので

是非これからも読んでやってください!



次の更新につづきます!



















更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterに近況を載せています!

是非フォローしてね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請はwaida waikoへ

メッセージを何か添えて下さい

シェア歓迎

 

⭐︎コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら
励みになります
(# 山田守   #50年めの大きな玉ねぎ    )   

✴︎最近はこちらの記事にも
コメント欄を開いていますので
よかったこちらにコメントでも光栄です

⭐︎返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ⭐︎
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます












6月13日

山田守の命日
以下のような
絵日記をアップしましたところ



IMG_5511



色々な
反響を頂きました

ありがとうございました







普段は公開していない

桜の季節に撮影した

山田守自宅からの
庭の眺め
動画
を貼ってみます


よかったらご覧下さい


IMG_5513

昭和43年(1968)頃
山田守庭にて。
背後の植栽部分は
まだ育っていず、
パサパサしています。
(Y子と兄)




2017年春撮影↓


2階から撮影


だと
このあたり

FA1CE748-FD57-4A5E-8BFD-9209A992950D



21766BE4-395F-46E0-82B8-205BCC8E1A10


IMG_0746
一階に見えるのは
蔦珈琲店














更新のお知らせは Twitter にて   

 ※ツイッター是非フォローして下さい!

取材の様子などは殆どこちらに載せています(o^^o)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookでは山田守に関連した

イベントなどもシェアするようにしています


●waidawaikoに友達申請も

メッセージある方はお受けしています


 

⭐︎コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

✴︎最近はこちらの記事にも
コメント欄を開いています
こちらのコメントも歓迎です

⭐︎返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ⭐︎
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます





↑このページのトップヘ