50年めの大きな玉ねぎ

日本武道館・京都タワーを設計した 建築家の祖父 『山田守』をめぐる コミックエッセイ

日本武道館・京都タワーを設計した
建築家の祖父『山田守』をめぐる 
コミック・エッセイです

 

タグ:京都タワー




金沢青春篇②】


山田金沢2−1−1
山田金沢2−1−2
山田金沢2−1−3








山田金沢2−1−4
山田金沢2−2−1
山田金沢2−2−2



山田金沢2−2−3
山田金沢2−2−4
山田金沢2−3−1
山田金沢2−3−2

山田金沢2−3−3

山田金沢2−3−4
山田金沢2−4−1
山田金沢2−4−2
山田金沢2−4−3
山田金沢2−4−4
山田金沢2−5−1

山田金沢2−5−2
山田金沢2−5−3
山田金沢2−5−4
解説も頑張って書いたので是非!

漫画のみ読みたい方は金沢篇3話へ⇨

◆デカンショ節について◆


デカンショ節(元唄)


デカンショ節は、
元は兵庫県篠山市の民謡だったものを
旧制高校生が気に入り、
替え歌を歌ったところ
流行したのだそうです。

旧制高校生は
西洋を理解するため、
哲学書をよく読んだようですが、
デカンショ
カルト・カント・ショーペンハウアー
の略にも
ひっかけたそう。

旧制高校の替え歌版


戦前生まれの日本のリーダーたちは
教養と胆力のある
貫禄を持っていましたが

こんな唄を歌いながら
暴れまわるストームや、
格調高い講義に揉まれた
ことも
大きかったのではないでしょうか。



山田守は、
「ニーチェがこう言っている・・・
芭蕉が・・・・〇〇が・・」など
色々な人物の名前を挙げながら話をする
人でしたが、

哲学者や画家、作家など
違うジャンルの人からの気づきを
建築に取り入れる

ことが
しばしばあったようです。

近代建築のパイオニアとして、
良い建築とは何か?

模索しながら進むのに、
幅広く思想的なヒントを
得ようとしていたため
と思われますが、

この四高での読書や授業が
土台となった
のは
間違いないと思われます。


中でも、
この金沢で座禅を体験しながら
哲学に昇華した
四高のOB
西田幾多郎
には
大きな影響を受けていたようです。

守の著作『あすのすまい」や、
晩年出演したラジオ番組
「建築夜話」でも

西田哲学の考えを引用しながら、

西洋の形だけを真似しても
日本人は納得しない、

日本人はモノと心が統一されたものを
求めている、

(物心一如)
という持論を展開しています。


山田守の建物は
大胆なフォルムだが
機能性も良い

のが特徴とされますが、

モノと心を一体化させる

(日本人らしく心をこめる)
という意識が強かったことが
このような持論からも
うかがわれますね。 




ちなみに
谷口吉郎先生の
ご子息谷口吉生先生の作品
鈴木大拙館
現在の金沢では
人気の建築スポットですが、

西田幾多郎鈴木大拙
四高の同級生で、
互いに禅の思想で影響しあった
親友
でもあった
そうです。

鈴木大拙経由で
英訳された
ZEN
の思想
逆に西洋に影響を与え、

最近では
スティーブ・ジョブズも
禅の思想に
影響を受けていることが
知られていますが、

革新的なクリエイターに
影響を与えてつづけています。

金沢は武士の人数が多く、
禅宗が盛んだった
ことが、
 
四高の知性を経由しながら
波及
世界のクリエイターに
影響を与えていった
と思うと、

その地、
金沢で
青春を送ることが出来た
四高の生徒は
幸せだったのではないでしょうか。

数多くの著名人が
出ましたし、
山田守も
吉田鉄郎氏をはじめ、分離派の後輩や
逓信省の後輩など、
四高の人脈繋がりには
生涯助けられました。





【50玉建築散歩】

神奈川県・鎌倉
江ノ電の稲村ヶ崎駅〜七里ヶ浜に向かう
道路沿い
西田幾多郎先生晩年の居住地近くに
西田先生記念の
歌碑があるそうです。
220x220_12618847
e0245404_3153651


この不思議な形の歌碑は
坂倉準三先生
西田先生の著作からイメージを起こして
制作されたようです。
✳︎
西田哲学は難解ですが、
ざっくり言うと、

西洋のものの見方
デカルトの『我思う・故に我あり』といった
自我から世界を見ているという
二元論否定し、

自分も世界も一体である
という考え方のようです。
(好んでを書かれていた)

そのような
的な世界観が
伝わってくるような

不思議な雰囲気の歌碑ですね。
(*^^*)


また、石川県かほく市
西田先生の生誕地にある
西田幾多郎記念哲学館
安藤忠雄先生の
建築だそうです

17364cc3292007648_1
                       記念哲学館より

哲学に触れる仕掛けが色々あるようで、
時間が出来たら
ぜひ行ってみたい場所です。

西田幾多郎記念哲学館


あと、京都の哲学の道も
西田幾多郎先生が歩いてその名で
呼ばれるようになったり
・・・


次の更新は
11月25日(日)
の予定です!


一生懸命描いております・・・

コメントなど頂けたら
ありがたいです…



更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterに近況を載せています!

是非フォローしてね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請はwaida waikoへ

メッセージを何か添えて下さい

シェア歓迎

 

⭐︎コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら
励みになります
(# 山田守   #50年めの大きな玉ねぎ    )   

✴︎最近はこちらの記事にも
コメント欄を開いていますので
よかったこちらにコメントでも光栄です

⭐︎返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ⭐︎
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます












11月となりました

ようやく金沢篇の書き溜めもできてきましたので、

また今週より
日曜日更新
再開します


まずは


東海大学湘南キャンパス3号館
に登った話です。

東海大学3号館1−1



東海大学3号館ブログ用1−2
車がここを通って
屋上の駐車場に止められる
ように計画したとか聞きましたが…

駐車場として
実際使われていたのでしょうか?

車で実際登ったことある方、
どんなだったか
ぜひ教えて下さい
(道幅狭くなかった?
怖くなかった?
目〜回りませんでした?
(((o(*゚▽゚*)o))))
東海大学3号館ブログ用1−3

東海大学3号館ブログ用1−4

 東海大学3号館2ブログ用

祖父の建物について
感想を頂くとき、


東京駅から
中央電信局がぬ〜っと見えて
印象的だった
とか

総武線に乗ると
厚生年金病院を
車窓に見逃さないよう
楽しみにしていた、

など、

人の生活圏に
異質な感じで
ふっと現れ、

いつの間にか
馴染んでしまい
見るのが
楽しみになった、

というように
言って頂くことが
多かったのです。

それらの建物が無くなってしまった後、
育った私は
正直ピンとこないまま
時を過ごしていましたが、

祖父の育った場所に
行ったとき

(濃尾平野↓)
6313BEF2-1B57-411B-9DD0-657E4409C9BC


何か、とても

分かったような
気がしたのです。


祖父は絵を描き、俳句を作りながら
日本の自然を
いつも
観察していたようです

建物であるからには
まず、
人に寄り添う使い勝手の工夫にもすぐれ、
スロープなど機能面の工夫もし
使い勝手もよかったと聞きます。

と同時に、

日本の美しい風景に、
もう一つの美しさを付け加えるような
外観に、
全体を
まとめ上げることに尽力していた。


そのこだわりが、

自然界には
直角のモノは
ほとんど無い!
と言って
生涯貫いた、

あの
作りづらいと言われる
流線
曲線だったのだろうな、
ということが、

沢山の資料を当たるより

一瞬で腑に落ちる場所

それが

東海大学湘南キャンパス
3号館

ではないかと思いました。
 

私が長年、
景観とともに映える
祖父の建物の魅力に
気付けなかったのは、

東京駅も、総武沿線も、
街は建て込んでしまって
元の景観が損なわれてしまったからかも
しれません。

(そう考えると聖橋などは
見晴らしが良い場所にあるので
今も魅力が伝わりやすいのかもしれません。)


⭐️


東海大学の建物群も、

出来た時は近未来的で
キッチュな
感じがしたであろう
曲線が、

緑生い茂る大地
マッチして
意外な可愛さ💕を発揮していて
びっくりです。
IMG_4110


もし、山田守の建物に
興味を持たれた方、

ぜひ
東海大学湘南キャンパス
山田守
まるまるワールド
気候の良い時にでも
お訪ねになってみて下さい。


祖父はご機嫌な時
やあいらっしゃい、
両手を広げて
歓待してくれたそうですが、

そんな祖父の
歓待の声が聞こえそうな
キャンパスだと、

建物を訪ねて思いました。

(^ν^)


おしまい


⭐️

●去る10月4日、
NHK京都の夕方のニュース内
8分番組に、
京都タワーについて

山田守の孫として
ちょこっと
インタビューして頂きました。

内容は、
祖母のテープを聴いて
祖父に対して感じたことなどです。

普段何となく見ている
NHKだけれど、
こんなに
人柄の良いディレクターさんが
丁寧に
番組を作っていらっしゃるんだなぁ
と驚き、
感動した体験でした。

その体験を
漫画にしたいところですが
取材の様子などは
あんまり言っちゃイケナイみたいなので
レポはこの辺にします。

放映された
8分の番組についての
レポは
余力があるとき
また描けたらいいです…
自分の顔が
カピバラすぎて見るのが辛いとか…


(╹◡╹)
⭐️

配信遅くなっておりましたが、
金沢青春篇!!
かなざ金沢告知ツイッター500w

来週日曜日(​11/11)より
とりあえず
一カ月
毎週更新します!

山田守が建築家になる前の
青春の話ですが、
後の分離派につながる活動?
や、
初恋の話など。

私自身祖父母のなれそめが
大好きで
描いていて楽しいです
(o^^o)

是非お越しください

 

  これまでの話一気読みはこちら


 
⚫更新のお知らせは Twitter にて   

 (更新通知ほか、活動を詳しく呟いています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #50年めの大きな玉ねぎ   #山田守マンガ)   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます









Y子不思議な子正方形180180
日本武道館京都タワー
同じ設計者によるのものだと
いうことは
あまり
知られていません


謎の多い建築家
山田守(やまだ・まもる)

孫の立場から調べ
漫画にして語っています

IMG_2064
東海大学 代々木校舎


年表はこちら
↓ 




目次







【漫画13-2】金沢2話 四高の話!

漫画13−3】金沢3話 神保家と金沢


NEW!【漫画13−4】金沢篇 4 寮のお祭りとニアミス吉田鉄郎


★NEW!漫画13−5】金沢5話 運命の出会い


【漫画13−6】金沢6話 神保家パラダイス

【漫画13−7】金沢7話 来たれ!洋画の星

漫画13ー8】金沢8話 新派よ 壁を超えろ!の巻


★人気記事【漫画13ー9】金沢9話 初恋



NEW!漫画13−10】金沢10話 失恋?。。。その後・・の巻





番外編


【解体された山田守建築をめぐって〜
熊本レポート
(6話完結)

IMG_0493
熊本市役所花畑町別館

熊本レポ①(次の記事へ、でイッキ読みできます)

★★★人気記事熊本レポ②

熊本レポ③

熊本レポ④

熊本レポ⑤

★★★人気記事熊本レポ⑥




【山田守建物探訪

門司電気通信レトロ館


②-2東海大学湘南キャンパス
山田守の胸像について
 
New!−3東海大学湘南キャンパス3号館に登ります
IMG_1563

門司t電気通信レトロ館


【50年めの大きな玉ねぎメイキング

岐阜県大垣 取材のようす

山田守自邸庭の眺め

⭐︎Y田Y子 プロフィール⭐︎
連絡先はこちら
各種ご依頼も
承っております
 



山田11-4先に行ってて
山田11-4ラスト山田11-10−1
山田11-10−2山田11ー11ー1−1山田11ー11ー1−2山田11ー11ー3
山田11ー11ー4山田11-11−2−1山田11-11−2−2
山田11-11−2−3
山田11-11−2−4



山田11-12−1山田11-12−2
山田11-12−3
山田11-12−4
山田11-13−1
山田11-13−2
山田11-13−3
山田11-13−4





つづく




からを為すのがワシの精神じゃ!』


この言葉は、

繰り返し

祖父・山田守が語っていたと言う


生涯の信条です

(文書には残っているのが
みあたらないのですが

祖母のテープでは
繰り返し
祖父が
そのように言いながら
建物を工夫した
エピソードが
語られていました)


(また、
今回の
漫画内では

セリフとして
『有を為す』が
わかりにくいかな?と思い

価値を生んでやる、
という表現にしてあります)



この精神は

いつどうして
培われたのか?



それが
私の、
山田守をめぐる
最大の謎で

大きな関心事でしたが、


この後、

祖母と
金沢で出会ったときには
すでに
このような感性を
持っていた
様子なので、


岐阜の生家での
生活の中で

身につけた考えだと思われ、

また、
ちょうど
兄静の騒動と
重なる時期に

心境の変化があったらしいので、

このように
描いてみました。


実は

今回の
漫画には

私が山田守を調べていって

彼の心情の
核となる部分


こうであったのではないか?

ということが
たくさん
入っている
ものになっています。



建築の歴史の中で、

表現主義
とか
機能主義とか
呼ばれる

守の特徴も

ひとりの生身の人間として

このようないきさつが
多かれ少なかれ
あったのではないか?

と思われ、


知り得た点と点を
結びつけて

ドラマ仕立てではありますが
描いてみたつもりです。




細かい解説は
長くなってしまうので


またいずれ
別の機会に
描いてみたいと思っています。



なお、
中に出てくる
守の絵


実際
守が
この絵で賞をもらったもの
使用してみました。


また、

大垣中学80年史

守の絵が
四年生の夏休みあけに

急激に上手くなって


同級生が
驚いている
感想文


みつけることができたので

そのエピソードを用いています。




エピソードの発掘には

大垣北高校の
五十川先生
大変
お世話になりました


厚く御礼申し上げます






次の更新につづきます!


岐阜篇は
あともう少しでおしまいです!)






















 
















更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます










↑このページのトップヘ