50年めの大きな玉ねぎ

日本武道館・京都タワーを設計した 建築家の祖父 『山田守』をめぐる コミックエッセイ

日本武道館・京都タワーを設計した
建築家の祖父『山田守』をめぐる 
コミック・エッセイです

 

タグ:コミックエッセイ


熊本レポ5−1 
熊本レポ5−2
熊本レポ5−3
熊本レポ5−4
熊本レポ5−2−1

熊本レポ5−2−2
熊本レポ5−2−3
熊本レポ5−2−4



①〜④話までは
イベントが
どのようなものだったか
レポート
してきましたが

今回の⑤話


次回
最終回の⑥話
では

イベントを通して
心に残ったこと
少し
描いてみたいと
思います。





何かが無くなる
ということ。


誰かがいなくなる
ということ。



それは、

そこに
当たり前のように
あったものの

はかなさ


見せつけられる
ことであり、


また

なくなったものとの
関係が
深いほど、

当たり前に
生きている
自分自身

同じく
はかない存在
だと

思い知らされる
こと
であったように
思います。






形あるものは

いずれ
なくなる。


だから
執着しないように
した方が
いいのでは。


私は
なんとなく

色々な
事・物に対して

そんな風に
思っていたような
気がします。




なくなった時に
ショックを受けないように…


いなくなった時
淋しくならないように…

……





しかし、

いざ

何ものかが
永遠に
失われてみると、


そのものの
持っていた良さが

二度と戻らないこと
喪失感
強く迫ってきて、


もっともっと

その良さを
自覚して、

いつでも思い出せる
くらい

しっかり関わって
いくべきだった

と思われて
しかたなかったのでした




さらに、

執着しない、
などと
うそぶいていたのは

単なる

面倒くささや
おっくうさ
への

言い訳でしかなかった
ことに気がつき、


自分自身の
時の過ごし方に

ひどく
腹が立ってくるの
でした




ただ 、

時が経つにつれ、

なくなったもの
への
喪失感は


自分にとって

与えてもらっていた
ものの
大きさと

比例している


ことに
気づいてきたりも
したのでした。






なくなったものが
教えてくれること。


それは、

生きている
この時間に

何を
与えられているかを


振り返れ。


そんな
メッセージ
であったように
思いました 。






もともと
この漫画を描きはじめたのも


父が亡くなったことが
きっかけで、



調べたり
描いたり
しなければ

このまま忘れられ、
分からなくなってしまう
人々の思い

気がついたから
なのでした。





日々の生活の中で

生活と関係ないことを

調べたり
描いたり
することは

実はかなり
大変な
作業なのですが、


いなくなった人々が
見せつけてくれた

一生の短さ、

人生のはかなさ




その
面倒なことに
取り組む
力を与えてくれる

ものの
ようにも
思われてくるのでした。






なくなった建物を
追う
イベントを通して
そんなことを考えて
いたので

今回は
そんな話を
描いてみました


m(_ _)m




次の更新につづきます



次回で
熊本レポは終わりです


なくなったとばかり
思っていた
祖父の建築が
熊本に
残したもの
とは?


GW最終の日曜日に
更新予定です
















 


更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます










山田11-3−4



山田11-4-1山田11-4-2
山田11-4-3
山田11-4-4
山田11-5-1
山田11-5-2
山田11-5-3
山田11-5-4






つづく



 静兄の
強引なやり方は

おそらく
明治の民法では

家長同士の許可がないと

結婚できない
という
制度に
反発するための

ものだったのでは?



時代背景を調べていくと

思われてくるのでした。


静兄は
30歳まで
うやむやと時間を延ばし

強引に一緒になることが
できましたが

当時は
そうはできない恋仲同士の
駆け落ちや
心中事件が

よく起きていたと
いうことです




また当時、


芸者さんは

社交的で美しく

とても人気があり、

妻に迎えたり
浮名を流した
著名人
沢山いたようです


静兄と結婚した
アき』さんも

美人なだけでなく、

とても気のつく
素敵な人柄の方だったと聞いています。


ある意味
最先端の女性と
大恋愛の末
結ばれた

静兄でしたが

当時の実家の人々には

おそらく

全く理解できなかったのでは
ないでしょうか。


父・弘三は

大反対して、

激昂のあまり

脳溢血でフラフラになった
そうでした。



そしてまた、

その後の
色々なことを
総合して考えていくと

この出来事は

山田守の

人生に


多大なる

影響を
与えたのではないか?





思えてならないのでした・・・・







次の更新につづきます


つづきは
3月4日日曜日お昼頃 更新の
予定です 

少しずつですみません





【50年めの大きな玉ねぎより】
お知らせ

2018年3月17日(土)17時〜18時

熊本市にて

僭越ながら

私 Y田Y子、

山田守の人となりについて お話させていただくことになりました。

2017寿チラシ表_最終


熊本大学などの 方々で運営されている
けんちく寿プロジェクト』さんが

熊本で長い間親しんでいただいた

山田守 設計の『熊本市役所 花畑別館』(旧熊本貯金支局)
(1936年竣工)

解体されましたが

IMG_0493

建物の記憶を語り継ごう
という趣旨で

残された部材の展示会
などを
行ってくださるそうです。 


そこで、 
守について何か
話をする旨の

お誘いを受けました。



私は
この漫画エッセイでも
何度も書いて おりますように

祖父の死後 生まれた孫 であること

②建築に関して 専門に勉強した者ではないこと


などから

適任でないと
お断りしようと思いましたが、

運営様より

●孫として聞いてきたことや

●漫画を描くために調べ、
気づいたこと

●先般 公開された
山田守自宅の
思い出について


などのお話でよいとの
ことでしたので

貴重な機会でもあり、

僭越ながら
お受けさせていただきました。


建築の専門的な事柄について
お聞きになりたい方は
3月16日(金)17時より

山田守の研究を精力的に行って下さっている
大宮司勝弘先生


お話してくださるそうです。

是非そちらもご聴講ください



私につきましては、

〝山田守の人となり〟が
あまり知られていないようなので

上記をふまえ、

私なりの守像を

孫目線で
お話させていただきたいと
思っています。

当日は予約制で無料です

ご予約、お問い合わせは以下
けんちく寿プロジェクトさまへ

お近くの方で
当日お時間ある方


お目にかかれたら光栄です


(また、ご予約の上 私のテーマトークに
ご参加くださった方
私からささやかなプレゼントを差し上げる予定です)
※運営さんに貰いに行かないでくださいませ!



けんちく寿プロジェクト
申し込み&お問い合わせ先
kenchikukotobuki@gmail.com



kenchikukotobuki2017@gmail.com 
(リンクがうまく飛ばない場合
こちらをコピーの上メールにご使用ください) 


ツイッターからも受け付けているそうです
 
https://twitter.com/kotobuki_prj/status/966079866570399746



けんちく寿プロジェクト HP
 

2017寿チラシ裏_最終









更新のお知らせは Twitter にて   

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます



















山田11 -2−3
山田11 -2−2−1
山田11-3−1


山田11-3−2
山田11-3−3
山田11-3−4




つづく




この
11話は
5回 ほどに分けて
配信しています

 

つづきは
2月25日日曜日お昼 更新の
予定です 

少しずつですみません



【50玉 メイキングMEMO


静兄は

色々分かっていない
ことも多いのですが


芸者をしていた

大美人と
結婚したのは
語りつがれております。


それはそれは


後光が射して
見えるほどの

オドロキの
美人さん
だった
そうです。

あまり語ると
ネタバレとなるので

また
次の記事で。










更新のお知らせは Twitter にて  

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます
 
【記事下に  Web拍手👏カウンターが出来ました
気が向いたら
押して頂けたら嬉しいです






山田11-1−1
山田11-1−2
山田11-1−3
山田11-1−4
山田11 -2−1

山田11 -2−2
山田11 -2−3



つづく




この
11話は
少し長いので

5回 ほどに分けて
配信したいと思います

 

つづきは2月18日(日曜)
お昼 更新の
予定です 


新コーナー
【50玉 メイキングMEMO

毎回の
元ネタ・なぜこう描いたか?
ネタバレにならない部分を
メモしていきます

(漫画だけ読みたい方は
飛ばしてください)


①今回の話は
大垣中学の80年史
守について書かれた
友人の感想文が
残っていたので

それを元に
話をつくりました。


頭の長いお友達(o^^o)
中西君と言って

のち
出世して

守と
ある場所で再会します。


この時代に
旧制中学
旧制高校
に行った人は

数がとても少なく

そのためもあり

いわゆる
エリート職についた人が
多く

調べると
ウィキペディアがあったり
何かの賞の創設者になっていたり

色々資料が残っていることが
多いのに
驚かされます。


調べていて
面白いです。






更新のお知らせは Twitter にて  

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント等
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
# 山田守   #山田守マンガ     )   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます
 





にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ