50年めの大きな玉ねぎ

日本武道館・京都タワーを設計した 建築家の祖父 『山田守』をめぐる コミックエッセイ

日本武道館・京都タワーを設計した
建築家の祖父『山田守』をめぐる 
コミック・エッセイです

 

カテゴリ: 近代建築


3祖母の想い出600


祖母の想い出ブログ用-2
祖母の想い出ブログ用-3
祖母の想い出ブログ用-4
祖母の想い出-5
祖母の想い出-6
祖母の想い出-7

祖母の家は

 

独特の空気

張り詰めて

いて、

 

 

子どもは郊外で

ノビノビ育てたい

という

母の子育てが

裏目に出、

 

野猿

のように

うるさかった

Y子三兄妹にとって

 

かなり

緊張する

場所でありました

 

 

 

 

祖父の遺した

モダンな家の

中心に鎮座し、

 

その後

家に持ちこまれる

様々な問題を

 

品性が良いか

悪いか

の基準で

 

一刀両断

 

 

都心の家は

ただ維持するだけでも

大変なものですが、

 

 

祖父の遺志を

正しく受け継ぎ

 

 

祖父の没後

50年の

今日まで

 

変わらぬ姿で

あの家が

維持されているのは

 

祖母の功績が

大きかったと

思います

 

(サッシを取り替えるだけで

物凄い金額が

かかったとか…

 

それを

祖母は

実家の遺産を

やりくりして支払ったとか…)

 

 

それにしても、

若い頃

可憐だったと

噂される

祖母は

 

一体どのような

苦労のはてに

あのような

貫禄を

身につけたのでしょうか?

 

 


 

 

 

次の更新に

つづきます…

 

 

以下

【おまけ漫画】ですおまけブログ用-1 350dpi 600px

-2おまけブログ用350dpi 600PX


『おばあ
ちゃま

 

って呼ばなきゃ

いけないのが 

苦痛だった

記憶が・・・

(^_^;)

 

 

あ、

若い人は 

小森のおばちゃま

って

知らないですよね?

 

 

 

当時の小学生は 

 名前を聞くだけで

 もれなくマネしてしまう

 

面白い

おばちゃま

でした

 

40代以上の人に、

  『小森のおばちゃまって

 どんな人?』

 

聞いてみて下さい

 

 

 かなりの確率で

 モノマネしてくれると

思われます…


小森のおばちゃま Wiki







更新のお知らせは facebookTwitter にて

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


シェアなどで拡めていただけたら嬉しいです

 

コメント等は
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(ハッシュタグ #山田守マンガ 推奨)

重要なお知らせ・お問い合わせは
プロフィール欄掲載のアドレスへお願いいたします
















5新婚のコトバ1-1480


5新婚のコトバ-1-1サムネ
5新婚のコトバ-サムネあと
5新婚のコトバ1-2
5新婚のコトバ1-3
5新婚のコトバ1-4

(つづき⑤へ→)

祖父の自宅が

一般公開され

 

あの家に

沢山の人が

入ると聞いたとき

 

私が

祖母の存在を


伝えなければいけない

気がして

ならなかった

のは

 

このような

祖父と祖母の

関係です

 

 

祖父は

2話でも

触れたように

 

建物をつくるとき

 

ありとあらゆる

方向から

 

建物が良くなるための

考察を

 

重ねる人でしたが

 

 

生涯を共にする

妻を

 

有能な

協力者に

仕立てあげることも

 

忘れては

いなかったようです

 

 

 

 

 

新婚の頃は

かなりハードで、

 

毎日夜中まで

海外の建築の本を

見せられ

 

どの建築が

いいと思うか、

 

パッと理由を

答えられるような

訓練を

させられたとか。

 

 

モノをつくる人は

分かると思うの

ですが、

 

自分は

制作に没頭するうち

 

作っているモノを

見慣れてしまうので、

 

最終的に

他人に見せる段階の頃には

 

出来たモノを

 

客観的に

見れなくなってしまうん

ですよね…

 

 

そういう時

 

自分の信頼できる

人物の

目で

 

見てもらうことが

できるかどうかが

大切だと

 

祖父は

考えていたと

思われます

 

 

祖母は

 

お金持ちの

出身なだけあり、

 

金沢の美しい

工芸品や

着物に囲まれて

育ち

 

東京見物なども

させてもらって

最先端のモノも

見たりしていたため

 

審美眼は

確かだったと思います

 

 

設計を

作り上げる段階で

口を出すようなことは

 

なかったはずですが

 

案として

見せられる段階では

 

かなり

有能な

助言者であったことは

間違いないと

思われます

 

 

しかし、

漫画でも描いたように

 

『そうだった』

というような事実は

伝聞で一致していても

 

 

たとえば

土下座をしたのか

しなかったのか

 

というような

シチュエーション

については

 

人によって

言うことが違い、

 

漫画で絵に描くのは

難しいなぁ

 

漫画の続きをを

書き続けられるか

否か

 

私は

住宅展の後

 

しばらく考えこんで

しまいまっていました…

 

 

しかし

 

その直後、

 

 

これを

描けばよいのでは?

 

と思えるような、

 

びっくりする

モノが

 

見つかったのです

 

 

次の更新に

続きます…

 

 

 



更新のお知らせは facebookTwitter にて

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


シェアなどで拡めていただけたら嬉しいです

 

コメント等は
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(ハッシュタグ #山田守マンガ 推奨)

重要なお知らせ・お問い合わせは
プロフィール欄掲載のアドレスへお願いいたします















 




-16祖母の肉声 色1
6祖母の肉声 色2
6祖母の肉声 色3
6祖母の肉声 サムネ
14-6祖母の肉声 サムネ後

つづき⑥へ



父の遺品 

として

預かったものの中に


カセットテープ

あったのですが、


デッキもないし

聞く手間を考えると



老後

よほど暇になったらに

しようと思い


すっかり忘れて

いたものでした。



住宅展の流れで

祖母のことを

考えはじめなければ


あと

数十年

箱に入れっぱなしに

したであろう

モノから


知りたかった

祖母の話が


なんと

本人の肉声で

語られているのを聞き


本当に

本当に

驚いて

しまいました

(@_@)



内容は


祖父の

旧制高校の

後輩で、


部下でもあった

向井覺先生


本にするための

インタビューを受けて

いるもので、


本と照らし合わせて

みると、


主婦としての

祖母の思いなどは

ほとんど

掲載されていませんでした



普通の人が聞いたら

よくわからないような

親戚縁者の話

が多いのですが


私は

それを聞くうち、


会ったこともない

祖父と

祖母が


どんな風に

過ごしてきたのか


かなりはっきり

イメージできるようになり


やはり

何としてでも

この話を


漫画エッセイに

描かなければ

強く思うようになりました…



というわけで

プロローグは

こちらで大体お終いです



次からは

実際の

祖父と祖母の

話を描くべく



今日はこれから

山田守の

住んだ


岐阜羽島の

山田本家を

訪ねてきます!


 

 

 

次の更新に

続きます…

 










更新のお知らせは facebookTwitter にて

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


シェアなどで拡めていただけたら嬉しいです

 

コメント等は
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(ハッシュタグ #山田守マンガ 推奨)

重要なお知らせ・お問い合わせは
プロフィール欄掲載のアドレスへお願いいたします















6はじめるにあたって1 -1
7はじめるにあたって1-2

7はじめるにあたって1-3
7はじめるにあたって1-4

-17はじめるにあたって2-1
7はじめるにあたってサムネ画像
-3-17はじめるにあたって2-1

7はじめるにあたって2-2
7はじめるにあたって2-3
7はじめるにあたって2-4
山田守の生涯の話に入らず
すみません


と言うのも、

本篇を描く前に

どうしても
 向井覺氏について

書いておきたかったのです。



向井先生は 

旧制四高・東大建築学科・戦時に海軍を経て

祖父が戦後どさくさ期に創立した
通信建設工業に入社。

その後祖父の紹介もあり逓信省に入省。
電電公社を経て独立し、
建設会社の社長を務めた

という経歴の方です。



とても誠実なお人柄で、
 
祖父は『後輩にして同志』と
人に紹介するなど、

随分頼りにさせて
いただいたのではないでしょうか。


向井氏は晩年に

きちょうめんな調査を重ねて

主に逓信省の建築家の
評伝
いくつも残してくださいました。


夭折した天才肌の岩本禄氏、

静謐な作風が祖父とよく対比される吉田鉄郎

そして祖父の書籍。


祖父の本については、
評伝だけでなく

ばらばらのままになっていた
ヨーロッパ出張での出来事
を書いた
祖母宛の手紙
一冊にまとめてくださったり
(コルビジェに会いに行ったときのことなどが書かれています)


趣味で書いていた
俳句
をまとめてくださったり…


それらの本・資料が

祖父の死後に生まれ、

祖父の姿を直接知らない孫の私に

祖母のテープとともに

沢山のことを
伝えてくださいました



その事を

この場を借りて

故・向井覺 先生に

厚く御礼申し上げます




※6コマめで
Y子の脳裏によぎった疑問については
本篇の中でおいおい
語っていきたいと思います


※守祖父の 酒の席での珍談奇談
一部では有名で、これも描いてて楽しい分野(笑)
また描きたいと思います

尚、祖父の名誉のために
申し上げるならば、

酒はむしろ弱い方で、
家庭ではあまり呑まず

酒の席での珍談を
家族は他人から聞くことが主だったとか。

なので、
酒乱のたぐいというより

旧制高校の乱痴気さわぎ
名残
仕事の鬱憤晴らしに 
やっていたような感じなのかなあ・・・
と思ったりしています

描いてて楽しい
守一人ストーム・・・

向井先生、すいません!




では、次の更新より

いよいよ山田守の生い立ち・ 
岐阜の話にまいります!




向井覺氏の著書の数々



手紙集と句集は非売品だったようです







更新のお知らせは facebookTwitter にて

 (Twitterでは取材の様子などもつぶやいています)


シェアなどで拡めていただけたら嬉しいです

 

コメント等は
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
(ハッシュタグ #山田守マンガ  推奨)

重要なお知らせ・お問い合わせは
プロフィール欄掲載のアドレスへお願いいたします







↑このページのトップヘ