山田 金沢 4−1−1
山田 金沢 4−1−2
山田 金沢 4−1−3
山田 金沢 4−1−4

山田 金沢 4−2−1−1
⇨雑誌『白樺』が生んだ西洋美術ファンの話はここをクリック

山田 金沢 4−2−1−2
山田 金沢 4−2−3
山田 金沢 4−2−3−1
山田 金沢 4−2−4−1
山田 金沢 4−2−4−2






山田 金沢 4−3−1
山田 金沢 4−3−2
山田 金沢 4−3−3
山田 金沢 4−3−4
山田 金沢 4−4−1


山田 金沢 4−4−2
山田 金沢 4−4−3
山田 金沢 4−4−4

金沢4−5−1
金沢4−5−2

金沢4−5−3


つづく

漫画のみ読みたい方続きはこちらクリック→金沢5話 運命の出会い


吉田鉄郎
『建築家吉田鉄郎とその周辺』(相模書房)より
吉田鉄郎
(四高在学当時は五島姓)


東京駅前
吉田氏の代表作
東京中央郵便局
モダニズム建築の傑作と讃えられ
再開発計画中
故 鳩山邦夫
(貴重な文化遺産を解体するのは)
『トキを焼き鳥にするようなもの』
と発言するなど
論争を呼び、


現在のような
外観保存に落ち着いた
という
記憶もそろそろ懐かしいです。
(JPタワーが竣工して早6年・・・)



そんな吉田鉄郎さんと山田守は
通信の急激な発展
にともなって
日本中
郵便局やら電信局が
必要だった時代
に、

逓信省の建築技師として
建築の発展に貢献した
として
二人一緒に
よく語られます




吉田鉄郎先生と
山田守は
こんな感じの関係。


山田と吉田表

まさに性格も作風も
真逆のようでしたが
かえってそのバランスが
良かったのでしょうか。

山田守の建物は
初見から印象が強いところがありますが、

吉田氏の建築は静かで、
見れば見るほど美しいのが特徴・・・

私も
調べるほどに好きになり、
京都に残っているという
吉田先生の建物を
早く見に行ってみたいです・・・




さて、そんな吉田さんと守は
高校時代にニアミスしていた
ようで、

吉田氏が描いた
この女神様のハガキを、
守は
そうとは知らず、
『絵が上手い人がいるなぁ』と驚き
ずっと持っていた
ということです。

IMG_8032


逓信省時代に吉田さんに見せたら
持って行かれてしまったそうな・・・



寮のお祭りの飾り付け、
というのが
よくわからないかもしれませんが、

IMG_8026
(写真集『旧制四高校青春譜』能登印刷より引用)

こんな感じに
寮の部屋を
ひたすら紙に何か描くなどして
飾り、
賞を競っていたようです

IMG_8024

この日ばかりは女性も
高校に入れたそう。
四高生は街のアイドル的存在でもあり
ワクワクした1日だったでしょうね( ・∇・)


新田さんという人も
実在の人物で、
守の一生の親友になりました。
色々な場面で守はこの方にも
助けられていますが
Y子の父母の仲人までやってくださった
親切ぶり・・・・



★ご好評いただいております
『50玉建築散歩』は
記事が長くなるので
別ブログにしようと準備中です!


【告知1】
12月4日(火)と、日にちが迫っておりますが
このような催しがあるそうです。

IMG_7891

よくお名前お見かけする観音克平 様
資料でお世話になっているNTTファシリティーズの皆様
山田守研究で鉄板の大宮司勝弘 先生
分離派研究の第一人者 菊地潤 様・・・などなど
一度はお話を伺ってみたかった方々が沢山!

それから、身内ではありますが
山田守の
無くなってしまった建物の一切を
コツコツと撮り続けている

写真家の弟・新治郎も登壇するようです!

弟もお陰様で忙しくしており
なかなかまとまって話を聞く時間がとれないので
どんな話が語られるか
身内ながら楽しみにしています(╹◡╹)


【告知2】
来週の更新は
本編はお休みにして、何か
について書こうかな?と思います

というのも
12月10日(月)
NHK BSにての番組
放送される予定
だそうです
(山田関係者も沢山協力しています)

また詳細こちらにアップします!




 
更新のお知らせは Twitter にて   


 (更新通知ほか、活動を詳しく呟いています)


更新通知はフェイスブック ページフォロー

でも受け取れます


facebookの友達申請は

メッセージを何か添えて下さい


 

コメント歓迎!
上記SNSをフォローの上
書き込んで頂けましたら励みになります
また、このブログのコメント欄も開いております
どうぞよろしくお願いいたします 
(# 山田守   #50年めの大きな玉ねぎ   #山田守マンガ)   

返信が必要なお知らせ・お問い合わせ
がありましたら
プロフィール欄掲載のアドレスへ
よろしくお願いいたします


いつもご愛読ありがとうございます